お金のメンタルブロック

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 10:47

 

 

 

私がモノを選ぶ基準って、すべてがお金だったんだなぁと気付く。

 

欲しいものも、やりたいことも

 

子供たちがやりたいと言ったことも

 

ぜんぶ金額で判断して

 

高いからダメ!とか、安いからいいよとか。

 

 

我が家は貧乏だからと子供たちに言い聞かせながら

 

溢れるくらいのモノを買って

 

そのモノを仕舞うための家具を買って

 

着ないかもしれない洋服を安いから取りあえず買っておこうとか

 

何をやっていたんだろう。

 

 

まだ間に合う!

 

 

両親の覚え書き

  • 2019.08.19 Monday
  • 10:41

 

 

 

先週、母が腰を圧迫骨折した。

 

昨年に続いて2度目。

 

今回は入院はせず、自宅で寝たきりの状態。

 

あれほど、強くて元気だった父が一人では母の体を助け起こすこともままならない。

 

自分でも歯がゆいらしく怒鳴ってばかりいる。

 

そんな父を見ているのは切ない。

 

 

お盆には両親を連れて、称名滝や大岩山をドライブしたばかりなのに

 

 

いろんな事が起こって、私自身の価値観や常識の考え方が大きく変わった。

 

今はできることを手伝いながら私自身のために生きようと思う。

 

やりたいことをやれるうちに!

 

 

 

 

母の日

  • 2019.05.13 Monday
  • 11:30

 

 

昨年結婚した息子夫婦から、初めて母の日のプレゼントをもらいました。

 

 

 

中身は、たぶんお嫁ちゃんが選んだであろう、美容グッズです。

 

嬉しいし、幸せなはずなのに、会えない人のことばかり考えるのが私の悪い癖。

 

 

 

 

 

 

わさび

  • 2019.04.15 Monday
  • 07:50

 

 

 

 

 

今年に入って、初めてのブログ更新が4月だなんて、どれだけ放置しているんだか(^^;

 

毎日、忙しいけれど充実して暮らしています。

 

道の駅で茎わさびを見つけたので、しょうゆ漬けにしました。

 

 

 

 

 

上にしらす干しをのせて、ご飯のお供に



 

 

こんな普通のごはんが一番おいしい♪

 

これからは山菜の美味しい季節がやってきます。

 

 

 

 

 

先週末、実家の両親をつれて新潟の名立谷浜までドライブをしました。

 

道ばたに咲いているタンポポを見て、父が

 

「強い花だ」と言いました。

 

この花の名前を、最初に教えてくれたのは父だったのかもしれない

 

そんなことを思いました。

 

 

 

命をくれていった

  • 2018.12.13 Thursday
  • 07:12

 

 

今年は良くも悪くも、本当にいろんなことが起こりましたが、年末にきてまたひと騒動。

 

9日(日曜日)、母が風呂場で意識をうしない救急搬送されました。

 

偶然、おなじ病院に伯母(父の姉)も救急搬送されていました。

 

伯母は97歳でしたが、前日まで元気だったとのこと。

 

伯母は亡くなり、母は検査の結果、異常なしで帰ってきました。

 

 

昨日は伯母のお葬式でした。

 

7人兄弟だったのに、たった一人の生き残りになってしまった末っ子の父は本当にさみしそうでした。

 

お焼香の時も、父は伯母の遺影の前でずっと立っていました。

 

父は私に言いました。

 

「(叔母は)あいつに(母に)命をくれて逝ったんだ」と。

 

 

お葬式には、いとこたちも来ていて、たくさん声をかけてもらいました。

 

父が末っ子なので、私と弟はいとこの中でも、一番年下です。

 

おばさんになっても、いとこたちにとっては、今でも小さなかわいいRinkoちゃんのようです。

 

 

 

父が車の免許を返納してから、毎月父を床屋に連れて行っています。

 

父が40年も通っている床屋です。

 

そこでは、私の知らなかった父の顔を見ることができます。

 

父も母も80代で、いつどうなるかわからないけれど、いまの私は両親にたいして悔いの残らない接し方をしていると思います。

 

昔はどうあれ、年老いた親に、恨み言をいってもしかたがないですから。

 

 

 

 

 

 

 

両親とお出かけ

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 10:23


ブログを書く暇がないほど、忙しいわけでもなく

ネタがないわけでもありませんが

前の更新から、あっという間に1ヵ月が経ってしまいました。







実家の父が車の運転をやめたので、

両親を乗せて、ほぼ毎週お出かけをしています。


母は杖がないと歩けなくなりました。

父は文句を言いながらも、しっかりと手をつないで歩いています。



写真は氷見の朝日山公園です。



そろいごはん

  • 2018.10.08 Monday
  • 08:58

インスタグラムのハッシュタグ#で

「そろいごはん」というのを見つけました。


おそろいのご飯、家族そろって食べるご飯

何か、いいなぁ♪



休日の朝、冷蔵庫のあり合わせで作りました。








カップも色違いのおそろい

息子が新婚旅行で買ってきてくれたものです。



急に気温が下がって

ストーブを出してもらいました。

暑がりのダーリンには笑われたけど



断捨離が進んだおかげで

家の中のあちこちに寝転がれる空間ができて

ダーリンとそれぞれ好きな場所で

新聞を広げたり、読書を楽しんだりしています。



今、興味があって読んでいるのはロシア文学。

出てくる人名が長くて苦戦してるけど

面白い!!





私にできること

  • 2018.10.07 Sunday
  • 07:05

2週続けての台風の襲来

ものすごい風に慄きはしたものの

我が家には、これと言った被害もなく

通り過ぎて行きました。





母から「ヘアカットに連れて行ってほしい」と電話があり

母の家から100mほどのカットハウスへ行くために

私は片道12劼瞭擦里蠅鮗屬鯀らせる。


カットが終わって

スーパーで母の買い物に付き合い

父がお昼を食べて行けと用意してくれた天丼(父が歩いて買ってきた)を

食べようとしたところへ息子から

「車がパンクしたから乗せて行って」と電話あり。


天丼を持たせてもらって

また車を走らせ、息子を送り届け

お昼はまだだと言う息子に天丼を渡す。


家に帰って、母に頼まれた洋服の袖丈を直す。


翌朝、母から

「お父さんの湯飲み茶わんを割ってしまったから、買ってきて」

との電話。



こんな毎日を過ごしていますが

行くべきところがあり

必要とされるのは幸せなことなんだろう。



今日は年に1度の報恩講でお坊さんが来ます。


せんべい汁

  • 2018.10.04 Thursday
  • 07:17


今まで私は親のため、家族のために生きてきた

と思い込んでいた

けれど

自分を大切にできない

自分の人生を生きることが出来ない人間が

人のために生きることなどできないのだろう



母は入院以来、子供のようになってしまって

昔の辛かった時代ばかり思い出して

泣きながら恨み言ばかりを語っている


幸せな時間もたくさんあったはずなのに



そんな母を見ながら

考えることの多い秋です





お友達の旅人Sakaちゃんから届いた

みちのくの旅のお土産の中に入っていた

せんべい汁を作りました





ほっこりと温かい味です


使命

  • 2018.10.01 Monday
  • 07:18


『命を使うと書いて「使命」

命というのは時間の中にある

そして、その時間をどう使うか』

日野原重明先生は『生きていくあなたへ』に書いておられます。



私の時間

何をしていても

あなたに再び会った時に

少しはましな自分でいられるようにと

尽くしている時間でもある。








お誕生日おめでとう。

幸せに笑っていてくれますように。






calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM